事情を話し、コンビニで働くことになりました。

先日、ついにコンビニの面接に行ってきました。
事前に問い合わせをして、日程を決めていただき、
その日に履歴書を持っていきました。

何度か通っていたコンビニだったので、店長さんも顔見知りの方でした。
店長さんは私の履歴書を見て、
「今、すでに正社員として働いているようですが、ここで働きたいとは
 どういうことでしょうか?
 勤務されている会社さんの方は、副業を認めているのでしょうか?」
と聞いてきました。

想定していたことを聞かれたので、ほっとしました。
「はい、正社員として平日は別の会社に働いています。副業の件は、
 問題ありません。会社に事情を話したところ、快く承諾してくれました。」
「そうですか・・・。あの、事情というのは聞いても大丈夫ですか?
 言い辛かったら結構ですが。」
と私の顔色を伺いながら聞いてきたので、正直に話そうと思いました。

「実は、夫婦で共働きをしていたんですけれど、先日、主人が急に会社をクビに
 なってしまいまして・・・。いわゆる、リストラというものです。
 その後、主人は就活をしているのですが、中々再就職先が見つからなくて・・・。
 普通に生活していく分には、私の給料だけで何とかなるのですが、
 3年ほど前に買った家のローンがまだ数十年も残っていて、今のままでは
 ローンが全く払えない状況なのです。
 なので、少しでもローンの足しになればと、こちらのコンビニで働かせていただき
 たいと思ったのですが・・・。土曜日一日という限定で本当に申し訳ないのですが、
 ご検討していただけますでしょうか?」
と、今の現状と私の切実な気持ちをお伝えしました。

少しの沈黙の後、
「・・・そうだったんですね。それは大変なことだと思います。
 分かりました。土曜日だけで大丈夫です。ちょうど、土曜日の人手が薄かったので、
 逆に助かります。ちなみに、過去でコンビニで働いた経験とかありますか?」
と聞かれたので、
「昔、学生の頃、少しだけ働いたことがあります。もう何十年も前のことなので、
 システムとか全く変わっちゃっていると思いますが・・・。」
と答えました。すると、
「いいえ、確かに働かれていた頃より、システムとか変わってしまっていると思いますが、
 お客さんを相手に働かれていたという経験は大きいですし、助かります。
 細かいことはきちんと教えますので、ぜひこのコンビニで一緒に頑張っていきましょう!」
と店長さんは、優しく言ってくださいました。
「はい、早く覚えて、一生懸命頑張ります。ありがとうございます。」
と伝えました。

早速、今週の土曜日から働くことになったので、頑張りたいと思います。
私の働いている姿を見て、少しでも主人の刺激になればいいのですが・・・。

Leave a Reply