問いただしてみたら、リストラされていた。

絶対何か隠していると思った私は、
「そう、ならいいんだけど。まだこの家のローンがたくさん残っているんだから、
 もし仕事を辞めることになったら、とても大変になると思うの。
 だから、もし仕事を辞める状況になったら、早めに教えてほしいんだ。
 そして、すぐに次の仕事を探して欲しいの。何があったか知らないけど、
 ずっと抱え込んでいるのも良くないと思う。」
と正直に私が思っていることを伝えました。
すると、主人は少しの間、沈黙していました。
そっとしておいたほうがいいと思い、私がその場から離れてキッチンの後片付けを
しようとしたら、
「ごめん!」
と主人が謝ってきました。
「え?」
と私が聞くと、
「実は、この前会社をクビになっちゃったんだよ。いわゆる、リストラっていうやつ。
 自分では一生懸命頑張っていたんだけど、会社の経営が良くないみたいで、
 俺だけじゃなく、他にも3人クビになったんだ。
 俺は、“ローンがたくさん残っているから、クビにされたら困ります!仕事頑張りますから!”
 って、社長に一生懸命お願いしたんだけど、逆に頭下げられちゃって、ダメだった。
 どういう基準で俺たちが選ばれたのかわからないんだけど、どうしようもなくて…。
 クビって言われた日に、きちんと言おうと思ったんだ。でも、自分からこの家建てたい!って
 強気で言った手前、プライドとかが邪魔して、言えなかった。
 でも、仕事に行かないと怪しまれると思ったから、クビって言われても、毎日外出して、
 ずっと公園とかで時間を潰していたんだ。きちんと言わなくて、ほんとにゴメン。」
と謝ってきました。

とりあえず、
「そっか。言ってくれてありがとう。でも、もっと早く言ってほしかった。
 そしたら、今後についていろいろ対策できていたと思ったんだけど。
 次の仕事は見つかったの?」
と聞くと、
「ううん。まだ、見つかっていない。というか、探してない。
 でも、探さなきゃダメだよな。ゴメン、明日から頑張るよ。」
と返事が返ってきました。
「うん、絶対そうしてね。仕事しないと、本当にローンどころか、生活しているのも
 厳しくなるから、頑張ってね。私も出来ることはするから。」
と言いました。

何となくこうなる展開になると予想していましたが、まさか本当にクビになっているとは
思わず、正直驚いてしまいました。この先、まだ何十年と残っているローンをどうやって
返していったらいいのか考えたら、頭が真っ白になってしまいました。
早く仕事を見つけてくれればいいのですが・・・。

Leave a Reply