一年経っても変わらない、主人の金銭感覚。

一軒家に引越しをしてから、約一年が経ちました。
相変わらず、私は、日々コツコツと節約を続けています。
家を建てる時に、毎月いくらずつ住宅ローンを返済していくか、
夫婦で相談して、きちんと決めました。
この月々の返済、またそれ以上の額をきちんと残せるように、
ちゃんとお金の管理をしていました。
余裕のあった月の分を残しておいて、返済額に足りなくなった月の時に、
その分を足したりして、何とかやりくりをしていました。

けれど、相変わらず、主人のお小遣い事情は、ひどいものでした。
今まで、ずっと我慢していたのか、一つの分野に対して、
こだわる様で、いろんなものを買い集めるようになったのです。
ずっとお小遣いの額は変わらないので、毎月の様に催促をされます。
しかし、私も甘くしてはいけないと思い、いつも主人には厳しくするように
しています。
それで、何とか済んでいますが、もし、私がきちんとお金を管理していなかったら、
今頃、借金まみれになってしまっていたと思います。
私も、自分で仕事を給料を稼いでいるので、その分、少し贅沢をしたり、
ブランド物のバッグなど欲しいと思うことがありますが、
生活していくため、いつも我慢をしています。
それなのに、主人には危機管理が全く感じられないので、
こんな家、建てるんじゃなかったなぁと後悔することもあります。

Leave a Reply