たくさん残っているローンのため、厳しい節約の日々

主人の生活リズムの変化に戸惑いながらも、日々は過ぎていきました。
40歳を過ぎても、子宝に恵まれなかった私たち夫婦は、新築したことを期に、
子どものことを諦めました。
なので、私たちは、結婚して何年も経つので、新婚とは言えませんが、
子どもがいない分、いつまでも夫婦仲良しでいたいと、
そして、時間があれば少しでも一緒の時間を過ごしていたいと思っていました。
心機一転、夫婦2人での新しい暮らしを楽しもうと思ったのです。

けれど、新しい家になってから、どんどん夫婦一緒に過ごす時間が少なくなり、
私は寂しく思っていました。

今回、フラット35というローンで家を購入したため、ローンを約35年払わなくては
いけません。
なので、引っ越してからは今までよりさらに節約を心がけていくようにしていきました。
出来るだけ外食を控え、忙しくても家で食べるようにして、
暇な時に作り置きした料理を食べたりするようにしていきました。
仕事で忙しい日々ですが、休みの日やちょっとした空き時間に、出来るだけ
料理を作り置きして、冷凍庫で保存するようにしていきました。

また、引越しを機に、いらないものをリサイクルショップに売りに行ったりして、
少しでも利益がもらえるようにしました。
けれど、こんな私の努力も夫には全く伝わらないようで、自分の趣味によくお金を使うようになりました。
今までどおり、お小遣い制なのですが、節約を機に少し額を下げたのです。
今まではあまり消費しなかったようで、お小遣いを渡しても、残ったお金を月末になると、
私に“来月分に回して。”と渡してくれていました。

Leave a Reply