Author Archive

再就職先が決まったのに、私たちの幸せはどこへ…。

体力的・精神的に、徐々にいっぱいいっぱいになっていきました。
毎日の仕事に出勤するのも、精神的に辛くなり、ときどき休むようになりました。
けれど、自分のため、主人のために、生活や家のローンのために、
一生懸命仕事を続けていきました。

主人の方は、ずっとこだわってきた製造業は、やはりなかなか求人が見つからないようで、
出たとしても、いつも書類審査や面接で落ちてしまっていました。
それが何度か続いた頃、思い切ったように、製造業以外の求人をたくさん
調べるようになったのです。
どうして急に思い立ったのかはわかりませんが、もしかしたら私の体調を
気にしての行動かもしれません。
いろんな会社にエントリーし、片っ端から面接をしていくという、
今までの主人とは思えないくらい行動力に溢れた主人の姿がそこにありました。

私も主人の頑張りに刺激され、出来るだけ仕事を休まないように心がけて、
生活をしていきました。

そんな主人の頑張りがついに実を結んだ様で、
その1ヵ月後、ついに再就職先が決まりました。
決まった仕事は、製造業ではありませんでしたが、製造業に使われる材料の管理や
発注をする事務の仕事のようで、
主人は再就職先が決まったことに、大変喜んでいました。
「今まですまなかった。これで少しでも君に恩返しが出来るかもしれない。
 頑張るよ。」
と言ってくれましたが、もう遅かったのです。

あれから、少し無理をして仕事を続けていた私は、
ついに限界が来てしまったようで、精神的に病んでしまいました。
体は特に問題ないのですが、働きたいという気持ちが
ある日から、プツリ!と切れてしまい、全くないのです。
仕事もそうですが、家事をすることも出来なくなってしまいました。

せっかく主人が頑張って仕事を見つけて、再就職が決まったのに、
このままではさらに生活が厳しくなっていくだろうと思います。
でも、私にはどうしようもできません。

主人に働く意欲が見えてきた?でも、私は限界に。

あれからどんどん私たち夫婦の関係はどんどん悪くなっていきました。
お互い文句を言い合うのではなく、私が忙しさから一方的に主人に
あたってしまうことが多くなり、自分が悪いと思っている主人は、
私から一方的にストレスやイライラを当てることに対し、
ただ黙っているだけでした。

そんな私の大変さや辛さを少しでも分かってくれたのか、
主人が、毎日のようにハローワークに通うようになったのです。
もう失業給付金の受給が終わっているのに、仕事を探そうと毎日通って、
求人票を調べているようでした。
相変わらず、前職と同じ製造業を希望しているようですが、
少しでも働く意欲を持ってくれたことに嬉しく思いました。

さらに、少しでも家事を手伝ってくれたらいいのですが、
こんな私の気持ちには気付いてくれないようで、何もしてくれません。
自分から言えばいいんだと思うのですが、何か言うとまたキツく当たってしまいそうなので、
私は、素直になれないのです。

日々の仕事疲れから、体力的に、いっぱいいっぱいでしたが、
最近は精神的にも限界になってきました。
主人に対してイライラしていることもそうですが、この先きちんと生活していけるのだろうか、
家を建てなければこんな苦労をしなかったんだろうか・・・など
先のことをいろいろ考えてしまうと、どんどん心配になってくるのです。
本当に、どうしよう・・・。

失業給付金がなくなり、我が家の生活はどうなる?

主人が会社をクビになり、きちんと手続きをとった上で、定期的にもらっていた
失業給付金。
これはずっともらえるものではなく、再就職先が決まったら、その月分までで、
たとえ、再就職先が決まらなくても決まった期間を過ぎるともらえなくなる
お金のようです。
それを主人はわかっていたはずですが、あまり求職活動をしていませんでした。
私が口すっぱく嫌味の様に、早く就職先を見つけてよ!と言っていたのに、
結局、給付金が終わるまでに決まりませんでした。
今まで主人が以前もらっていた給料には足りませんでしたが、もらっていた失業給付金を
生活費に使っていました。
けれど、そのお金すらもらえないとなると、ローンの支払いどころか毎日の生活も
ままなりません。

こうなることを想定して、私は今までの仕事に加え、休みの一日をコンビニでのバイトを
するようになったのです。が、所詮コンビニなので、一日頑張って働いても、全然足しには
ならないのです。
マイホームを買ってから、いろいろと描いていた楽しい生活は、
どんどんダメになり、マイホームを建てる前より、窮地な状態に陥ってしまっています。

この状態からどうやって抜け出せばいいのか、よくわかりません。
主人と結婚しなければよかった!と思うこともあります。
毎日、毎日考えすぎて、頭がどうにかなってしまいそうです。

私の限界に近づいて

これからの生活の不安、主人の態度、仕事へのやる気のなさ、
いろんなことが積み重なり、私は日々イライラとしていました。
精神的に、限界でした。
しかし、仕事ではこんな勝手な態度をとるわけにはいかないので、
無理に笑顔を作って、頑張って仕事をしていました。

週5日社員としてフル勤務をした後、休みなしにコンビニでのバイト・・・。
家に帰ると、まだ仕事が決まらず家にいる主人・・・。
家に帰ると、イライラが爆発し、主人に当たることもよくありました。
初めのうちは、主人に当たった後、申し訳ないと思い、
主人に謝っていました。
でも、最近は、主人の顔を見るたびに、
「何で私だけこんなに辛い思いをしなくちゃいけないの?」
と思うようになり、毎日主人に当たっていました。
主人は、何も反論せず、ずっと黙っていました。
言うとしたら、ただ、「ごめん。」と謝るだけです。

今まで頑張っていた家事も、最近は家事までする体力・気力がなく、
洗濯だけは何とか毎日しましたが、炊事や掃除は、あまりしなくなりました。
部屋が汚くても、体が疲れすぎてて、掃除をする余裕がありませんでした。
ご飯もほぼ買い弁で、そのせいか、肌の調子が悪くなってきましたが、
どうしようもないと諦めていました。
初めは、主人の分も買っていた弁当ですが、その行為すら嫌になり、
「自分で買ってきて!」と主人にキレてから、主人が自分で買いに行くようになりました。
主人も自分の非を理解してきた様ですが、一向に再就職が決まらないので、
夫婦間の関係は悪くなる一方でした。

コンビニで働き続けて数ヶ月、何も変化のない家庭の事情

通常の仕事と掛け持ちでコンビニでのバイトをするようになってから、
数ヶ月が経ちました。

数ヶ月経った今では、何となく仕事の流れを理解することができるようになりましたが、
まだミスをしてしまうことがあります。
学生の頃、少しだけコンビニでバイトしたことがありますが、もう数十年前のことなので、
値段やシステムなどが全く違い、ほぼ新人と同じ様な感じでした。
初めのうちは、歳のせいか、覚えが悪く、よくミスばかりしていて、
私よりかなり年下の、バイトの先輩の女の子に注意されていました。
初めは、私より年下の子に、注意されたり叱られることが、嫌で、言われるたびに
ストレスがどんどん溜まっていきました。そのせいで、余計失敗してしまったりして
いました。
ずっと会社員として働いてきた私にとって、年下の子に言われることにプライドが許さな
かったんだと思います。けれど、今は、いつもと違った仕事内容のコンビニで働くことに
少し楽しみを感じるようになったので、言われても嫌に感じなくなってきました。
むしろ、教えてくれることに感謝して、ドタバタしながらも、週に一度のバイト生活を
少し楽しんでいます。

今まで週2だった休みが、バイトするようになり週1になったことで、疲れがよく溜まるように
なりました。それでも、今までどおり、家での家事をしなくてはいけないので、体はボロボロ
でした。
主人はというと、相変わらず、仕事が見つからず、就活を続けています。この主人のせいで、
私は体にムチ打って、家のローンを少しでも払えるように頑張って働いているのに、
私の努力は主人に全く伝わっていないようです。
私の大変さを少しでもわかって、何か行動してほしいのですが・・・・。

新たに働くことを決めた私

あれから、主人はまだ新しい仕事を見つけていないまま・・・。
今思えば、本当に子どもがいなくて良かったと思います。
この家を建てる前まではずっと子どもが欲しいと思っていましたが、
今の現状で、もし子どもがいた場合、自分達の日々の生活も危ないのに、
大事な我が子も守っていける自信がありませんでした。
子どもは、成長するにつれ、学費などでどんどんお金がかかってくると
よく聞くので、自分達の為にも、子どもの為にも、この現状で子どもがいなくて
本当に良かったと思います。

私は思い切って、仕事が休みの土日の一日だけパートをすることに
決めました。
あれだけ、毎日嫌味の様に主人に「早く次の就職先を見つけてよ!選り好みせず、
雇ってくれる会社を見つけて、お給料をもらってローンを払ってよ!」
と言っていましたが、現状を打破出来ていない様です。
今まで毎月住宅ローンを自動引き落としという形で、支払ってきました。
しかし、主人が仕事をクビになってから、私の給料と主人のわずかな失業給付金を使って
生活しているので、この金額では生活費に使うしか余裕がありませんでした。

すぐに手続きをとり、自動引き落としから、振込みに支払い方法を変えました。
だからといって、いつまでも支払いを先延ばしにするわけにはいかないので、
少しでもローンの足しになれるように、
求人募集をしていた近くのコンビニで働くことにしました。

面接が今度あるので、週一日だけの希望が通るかわかりませんが、
お店の方に相談してみようと思います。

主人は、このまま失業給付金に頼っていくのか?

先日、主人が仕事をクビになっていたことが発覚しました。
それから、数日はこの先どうしたらいいのか、考えなければいけないのに、
考えすぎたことやショックで、自分の仕事にあまり集中できませんでした。

主人の方は、クビになった後、就活をしてきちんと再就職をすると言ってくれましたが、
未だに動きはありません。
退職後の細かい手続きはきちんとするように、毎日しつこいぐらいに言ったので、
そっちの方は、きちんとしてくれているみたいですが・・・。
雇用保険のことなど、お金に関することはきちんとしてほしいものです。

失業をしてから、次の再就職先が決まるまでに
ハローワークへ通い続け、就職活動を続けて、決まった日に手続きをすることで、
失業給付金というお金が決められた額もらえるそうです。
これは、きちんと雇用保険を払い続けていたことによってもらえるお金の様です。
そして、就職活動をきちんと行わなければいけません。
主に、求人票を見たり、窓口で相談したりなどです。
しかし、これは再就職するまでの制度なので、ずっともらえるお金では
ないようです。
しかし、主人はこの料金をあてにして、なかなか就職活動をする気配がありません。
お金がもらえる決まった日に、律儀にハローワークに通っていますが、
それ以外の日は、のんきに家でゴロゴロしています。
毎日、喧嘩になるほど、早く就職先見つけてよ!と言い続けていますが、
最近は「はい、はい。」と言うだけで、あまり行動に移そうとしないのです。

どうしたものか、頭を悩ます日々が続いています。

事情を話し、コンビニで働くことになりました。

先日、ついにコンビニの面接に行ってきました。
事前に問い合わせをして、日程を決めていただき、
その日に履歴書を持っていきました。

何度か通っていたコンビニだったので、店長さんも顔見知りの方でした。
店長さんは私の履歴書を見て、
「今、すでに正社員として働いているようですが、ここで働きたいとは
 どういうことでしょうか?
 勤務されている会社さんの方は、副業を認めているのでしょうか?」
と聞いてきました。

想定していたことを聞かれたので、ほっとしました。
「はい、正社員として平日は別の会社に働いています。副業の件は、
 問題ありません。会社に事情を話したところ、快く承諾してくれました。」
「そうですか・・・。あの、事情というのは聞いても大丈夫ですか?
 言い辛かったら結構ですが。」
と私の顔色を伺いながら聞いてきたので、正直に話そうと思いました。

「実は、夫婦で共働きをしていたんですけれど、先日、主人が急に会社をクビに
 なってしまいまして・・・。いわゆる、リストラというものです。
 その後、主人は就活をしているのですが、中々再就職先が見つからなくて・・・。
 普通に生活していく分には、私の給料だけで何とかなるのですが、
 3年ほど前に買った家のローンがまだ数十年も残っていて、今のままでは
 ローンが全く払えない状況なのです。
 なので、少しでもローンの足しになればと、こちらのコンビニで働かせていただき
 たいと思ったのですが・・・。土曜日一日という限定で本当に申し訳ないのですが、
 ご検討していただけますでしょうか?」
と、今の現状と私の切実な気持ちをお伝えしました。

少しの沈黙の後、
「・・・そうだったんですね。それは大変なことだと思います。
 分かりました。土曜日だけで大丈夫です。ちょうど、土曜日の人手が薄かったので、
 逆に助かります。ちなみに、過去でコンビニで働いた経験とかありますか?」
と聞かれたので、
「昔、学生の頃、少しだけ働いたことがあります。もう何十年も前のことなので、
 システムとか全く変わっちゃっていると思いますが・・・。」
と答えました。すると、
「いいえ、確かに働かれていた頃より、システムとか変わってしまっていると思いますが、
 お客さんを相手に働かれていたという経験は大きいですし、助かります。
 細かいことはきちんと教えますので、ぜひこのコンビニで一緒に頑張っていきましょう!」
と店長さんは、優しく言ってくださいました。
「はい、早く覚えて、一生懸命頑張ります。ありがとうございます。」
と伝えました。

早速、今週の土曜日から働くことになったので、頑張りたいと思います。
私の働いている姿を見て、少しでも主人の刺激になればいいのですが・・・。

再就職をしない主人。このままだと今後の生活が厳しい。

相変わらず、主人の再就職先が見つかっていません。
私は、ずっと働き続けていますが、私だけの給料と主人がもらっている失業給付金だけ
では、生活していくには厳しい状態です。

毎日、毎日、口すっぱく、
「早く次の就職先見つけてよ!この際、業種を選ばず、片っ端からエントリーして、
 面接を何社も受けてみてよ。このままだと、ローンどころか、
 毎月の生活費を払うことすら、どんどん厳しくなっていくんだから!」
と言っているのですが、主人は、
「他の業種で働くつもりは全くない!今まで、この仕事で頑張ってきたんだ。
 自分の腕に自信があるし!この仕事以外、エントリーすらしたくない!」
と、まるで子どもの様に頑固に文句を言ってくるのです。

私は、他の仕事で働きなさい!と言っているわけではなく、
ゴロゴロとしてないで、次の就職先を見つけて欲しいのです。
良い会社がないと選り好みをしている暇は、ないのです。
こんな私の気持ちを理解してくれない主人に、私はあきらめすら感じてしまいます。

本当にこのままだと、この先、生活をしていくのがかなり厳しくなるので、
私の仕事の出勤日を増やさなくてはいけないのか、
または何かパートを掛け持ちをしなくてはいけないのか、、
かなり迷っています。
それか、本当に最悪な状態になったら、まだ数年しか住んでいないこのマイホームを
売りに出すしかないのか・・・。など、いろんな事態を考えてしまっています。

一度、会社の上司と相談してみようかと思います。

業種にこだわる主人。主人に働く意欲をもたらす良い方法はないのか?

あれから状況は変わらぬまま・・・。むしろ悪化しているのかもしれません。
相変わらず就職先は見つからないまま、いや探すことすらしていない状況。
毎月の失業給付金をもらうために、かかさずハローワークに通っているようですが、
そこでの就職活動をきちんと行っているのか定かではありません。

先日、ふと、この話題に触れたところ、
「この前、ハローワークに行った時、窓口で相談したら、
 今、俺が働きたい仕事はあまり求人が出ないらしい。
 “このまま、ご希望の業種を探し続けるとなると、
  中々次の就職先が見つからないかもしれません。”
 て、言われた。でも。俺は他の仕事をしたくない。
 頭悪いから事務職とか無理だし、簡単に就職できそうな清掃職なんて、
 なんか汚そうで、嫌だし・・・。そう考えると、やっぱり無理だ・・・。
 だから、もう少し探してみる。きちんとハローワークに通うからいいだろ?
 失業給付金ももらえるんだし・・・。」
と言ってきたのです。

主人のこの言葉を聞いて、就職する意欲が少しでもあることを知り、
若干安心しました。
けれど、今まで働いていた業種以外働きたくないという主人の意見は、
あまり受け入れたくないと思いました。
ハローワークの方が言っている通り、求人が少ないと言われている業種の
求人を待つなんて、そんな時間はないのです。
出来るだけ早く、何らかの仕事に就き、少しでも収入を得て欲しいと思うのです。
この際、最悪、アルバイトでも構いません。
アルバイトでも頑張れば、いくらかお給料をいただけるんですから・・・。

けれど、今は、ハローワークに行く日以外、いつも家でゴロゴロしているのです。
家にいるのなら、掃除や洗濯などの家事を少しでも手伝ってくれればいいのですが、
何もせず、お昼ご飯をコンビニで買ってきて、毎日食べているようです。
そのお昼代に掛かっている500円ほどを節約して、家にあるもので自炊をすれば
少しでも生活が潤うのに、自分のお小遣いと勘違いして、好き勝手に使っていることも
許せません!
この主人にどうしたら働く意欲を持ってくれるのか、誰か教えて欲しいです。